(株)アネ゙デパミ゙のブログ

くだらないことをさらにくだらなく

ブラック企業を辞めた友達の話

営利企業であれば、どのような業種であれ、利益の追求をしなければならない。

確かに、「常に全ては社会の為に」と言った崇高な理想や信念を持った立派な社会人もいるだろう。

しかしながら、どれだけ高貴な精神を持っていたとしても、利益が出なければまるでおまんまの食い上げである。企業だってボランティアではないのだ。

私達の給与から始まり、その理想を叶えるための投資、諸々の諸経費に至るまで、全ては利益あっての事である。

もちろん、利益偏重主義は時として思わぬ所で反感を食らうこともある。ある損害保険会社が、顧客を置き去りにした利益偏重主義的企業体質の是正を指示された事は記憶に新しい。

そのような体質改善を図ったものとして、「企業の社会的責任(CSR)」という考え方が生まれたことももちろん事実である。

しかしながら、これもまた本質ではない。企業が資本主義という大きな枠組みの中にいる以上、利益を出す以上の使命は企業に与えられていないはずだ。そう、資本主義の枠組みにいる限りは...

 

【補填その1:愚痴】

「そんなん新人が考えることじゃ無いやろ。」大学時代の友人である村尾は、そう言って大ジョッキを一気に飲み干した。

「そうなんだけどさ。うちの上司は営業営業って感じでさ。」小森もお猪口を煽る。

「何や、なんか疲れてるな。大丈夫か。」

「まあ何とかやってるよ。」

 

村尾は小森の大学時代の友人で、彼と同じく教育サービスの仕事に就いている。勉強大好き、テニス大好き。この二つのためなら死んでもいいという頭のおかしい奴だ。よく寝袋で大学のテニスコートに泊まっていたことを懐かしく思い出す。

小森と村尾は、学科こそ同じだが、専攻やサークルや趣味も違うし、接点など判別式Dに負の符号が付くほど皆無に等しかった。そんな小森と村尾を結びつけたのはラーメンだった。ラーメンと言っても、ただのラーメンではなく、いわゆる「二郎系」というやつだ。

 

「村っち、本当に二郎系好きだよな。」

「二郎は俺の人生やからな。この前は難波は『のスた』の全メニュー制覇してきた。」

「どこで最初ハマったんだっけ?」

「品川の二郎やったっけ?その時お前と初めて会ったんやったよな。まさか同じ大学とは思わへんかったけど。」

「あれから色々行ったよな。お前がいきなり『一緒に歴史を刻まないか?』って連絡くれた時なんか、遂に頭おかしくなったんじゃないかって思ったもん。」

「ええやん!美味しかったんやし!そんなんより、まだ話の途中やで。ちゃんと書きたいし、もっと話してよ。」

「まあせやな、俺が頼んだんだし、話を続けようか。あの飲み会の後、ちょっと面倒なことになったんだよ。ていうのはさ...」

 

頭が痛い。完全に飲みすぎたようだ。何なら、村尾と昨日飲んだ高崎からどうやって帰ったのか分からない。

まあいいか、今日は休みを貰っている。もう少し寝ようか...

そうして布団に深く潜り込んだと同時に、彼の社用携帯金切り声を上げた。

【その他】ブラック企業を辞めた私の友達

2014年11月20日、「2014年 ユーキャン新語・流行語大賞」のノミネート語が発表されました。今やすっかりお茶の間の仲間入りを果たした某予備校講師の「今でしょ」やNHK朝の連続ドラマの「じぇじぇじぇ」と言った、今でも記憶に新しい物ばかりでしたが、その中に一つ異彩を放つ言葉がありました。最近よく聞く「ブラック企業」というやつです。

今や説明は不要かも知れませんが、「ブラック企業」というのは、一般的にはこのような企業を指すといわれています。

 

長時間労働・ハラスメントが常態化している
②残業代や手当の未払いなどの違法労働が行われている
③採用・離職が繰り返され社員が「使い捨て」状態になっている

 

流行語になったこの言葉は大変な反響を呼び、「ブラック企業許すまじ」という共通見解のもと、「うちの会社はブラックなんじゃないか」「こんな事があって云々」と言ったネット上の書き込みはもちろん、「ブラック企業大賞」という毎年行われているイベント、果ては「うちの会社はこうで」「いやうちの会社の方が」といったブラック企業自慢なるひねくれた性質のものまで出てきているそうです。

 

この事態に安倍政権も、「働き方改革」なる旧態依然の労働環境の改善を経済界に求めることとなりました。

その改革の波は、大方の予想に反して、表向きには割とスムーズに浸透し始めているように思います。

 

そんな中、「如何にブラック企業と認定されないようにブラック企業であり続けるか」という考えを巡らすずる賢い経営者もいるようです。いわゆる「隠れたブラック企業」と呼ばれる会社です。

 

この物語は、そんな日本社会や企業、人に翻弄された1人の新卒のお話です。私の大学時代の友人である「彼」は、非常に快活な人間でしたが、久しぶりにあった姿はそのような人間とは遠く離れた、疲れ切ったものでした。

私は「彼」の頼みでこの物語を書いていますが、プライバシーや企業知名度を考慮し、本編で出てくる会社名や職種・団体及び個人名は架空のものです。

疲れ切った「彼」も私も、彼等を断罪するつもりは毛頭もありませんし、物語が重くなり過ぎないように、所々にユーモアも混ぜていこうと思います。

ただ、皆さんには「こういった世の中もあるんだな」と少しでも知って頂けたらと思います。

 

色々な人に知ってもらうことが、遠回りでも皆さんのためになるのですから...

 

【6月 埼玉のオフィスにて】

「なんでこうなるんだよ?」

デスク越しに怒号が飛ぶ。他の社員やアルバイトが全員その場で息を引き取ったかのように、整理整頓もままならなく狭い事務所はしんと静まり返った。

「大変申し訳ございませんでした。」

真っ白な頭の隅の隅から何とか謝罪の言葉を絞り出す。蚊の鳴くような声だったが、静まり返った事務所ではそれで充分だった。

新人は、なるほど、上司の叱責も偶には役に立つことがあるのだな、と下らないことを考えて現実逃避をしていたが、般若よろしい上司の顔がそれを赦さない。

「今月の目標の厳しさは知ってるよな。どうやって補填するつもりだ。言ってみろ。」

分かってたら最初からやっている、という無力な反論をぐっと飲み込んで新人は言う。

「何とか致します。必ず。」

 

専門的な知識を大学で学んだ理系の学生は、多くが研究職や技術職に就くこと多いが、文系出身の多くは営業職に就くことになる。その割合は9割越えと非常に高く、小森春樹も例に漏れず営業の道を選んだ。選んだ、というと少し語弊があるかもしれない。彼は望んで営業職に就いた訳では無く、多くの就活生よろしく、されるがままに営業に配属されたのだ。

彼は大学では言語学を優秀な成績で修め、研究者の道を志していたが、いつ食いっぱぐれるか分からないこのご時世、両親の強い反対もあって一般企業への就職を急遽決めたのだ。

非常に苦労はしたが、何とか勝ち取った内定、彼は説明会や人事面談で講釈頂いたことを疑いもせずに、高校受験や大学受験向けの教材出版・サービスの会社で働く事になった。

 

「ハゲダルマに搾られてたみたいだけど、大丈夫かよ」外回りに行こうとした新人に2年先輩の木村が声をかける。

「大丈夫です。僕が悪いですから。」

「いや、今回はしょうがないよ。いきなり法人の大口取引先が出版会社の切り替えを申し出てきたんだ。グリップを握れてなかった俺達先輩のせいさ。」

「でも支店長は『担当者がお前になったんだから、きちんと営業をかけてなかったお前に責任がある』と仰ってました。」

「まあそれは、新人に教えてなかった俺達も悪いんだからさ」

「...」新人は俯き押し黙る。

「そんなに悩むなよ。何とかなるからさ。また飲みにでも行こうぜ。」

助けになっているのかなっていないのかよく分からないありがた迷惑な先輩のフォローに形式的にお礼を述べながら、新人は1人営業車に乗り込んだ。

 

これがやりたかったことか?

そんなことを今更言っても仕方が無いだろう。

今からでも遅くない。研究者になろう。

そうは言っても両親の言うことにも一理あるだろう。

でもそんなに強がってもここでやっていけるのか?簡単なルート営業だって出来てないんだぜ?

それは先輩も仕方が無いと言ってたじゃないか。

でもお前自身折り合いが付けられてないじゃないか。それに今回の補填はどうするつもりなんだ?何か策はあるのか?

「うるさいな!何とかするさ!」

そう叫んだ自分の声と後続車のクラクションの音で新卒は我に返った。

窓を開けていたせいか、大宮駅前の歩道にいたマダムが驚いている。

 

彼は慌ててアクセルを踏むと、川越方面にハンドルを切った。

梅雨時にも関わらずからっと晴れた埼玉の空とは裏腹に、彼の心は大雨のあとの多摩川のように濁っていた。

そう、何とかしなければ...

 

次回【補填】につづく

【日記】呪いの地、大阪

こんにちは。ブログ投稿が久しぶり過ぎて完全に勝手を忘れているアネ゙デパミ゙(@ane_depami)です。

 

皆さんは大阪は好きですか?

 

大阪といえば、吉本興業を代表とするお笑いの街であり、大阪人はみんな面白いという印象(ふざけんな)。

たこ焼きやお好み焼き、串カツや豚テキと言ったグルメの多さからくいだおれの街というイメージでしょうか? 

f:id:jirodaisukiojisan:20181028165304p:plain

大阪に5,6年ほど住んでいる私ですが、このようなイメージは大方間違いではないと思います。

現に地元に帰ると、関西弁で話していただけで「おいアネ゛デパミ゛、面白いことしてよ笑」という鬼のようなフリをされることもしばしば。

 

あとは「大阪のおばちゃん」

いや、本当にイメージ通りの人いますからね。千日前とかに。本当に飴ちゃん持ってますから。

 

今までで一番びっくりしたのは、自分の顔をプリントしたトレーナーを着ているおばちゃんです。

上下に顔が二つ並んでいたのでデスピサロみたいになってましたから。

 ããã¹ããµã­ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

 

他にはどんなイメージがありますかね?

友人に聞いてみたら「西成」「ヤクザ」「怖い」とかいうGoogleのサジェストみたいな返答を貰いましたが、まぁこれも間違いではないですね。 

 

そんな良い部分とゴミみたいな部分、全部引っ括めて僕は大阪が好きです。

ただし南海沿線、テメーはダメだ。

 

【呪いの地、大阪。】

そんな大阪、今年は何だか厄年なんじゃないかってくらい色々と不幸に苛まれているんです。

ちょっと思いつく限り例を挙げてみますね。

 

1月 阪大生が兄を殺害、大阪大学入試ミスで本来合格だった受験生を不合格に

2月 阪大でAO入試のミスが発覚、阪大の教授がアカハラで停職

6月 大阪北部地震、豪雨で大雨特別警報、阪大さん、そんな中で授業をしてしまう

8月 大阪府警富田林署から藤浪晋太郎樋田淳也容疑者が脱走

9月 猛烈な勢力の台風21号が大阪直撃

10月 ヤニキ金本監督、解任

 

ざっと思いつく限りでもこれだけ。

 

この中で特に印象に残ったのは6月の大阪北部地震ですね。

残業続きで疲れ切って寝ていたのに緊急地震速報でたたき起こされましたから。

大揺れでおばあちゃんが慌てている中、「も~ええわ、勝手に揺れといて...」ってずっとベッドに寝てたのを覚えています。社畜は強い。

 

その後に大雨が襲い、台風が襲い、と、泣きっ面に蜂どころか、泣きっ面に刺してきた蜂のせいでアナフィラキシーショックを起こして死ぬぐらいの災難続きだった大阪なんですが、翌日には嬉々としてネタにしてて大阪人のお笑い根性を思い知りました。大阪人は強い。

 

あ、阪大関連のニュースが多いのは単なる私怨です。

【その他】スーパースターから迷惑メールが来た話

こんにちは。アネ゙デパミ゙(@ane_depami)です。

 

突然ですが、皆さんは迷惑メールを受け取ったことがあるでしょうか? 僕はあります。

 

迷惑メールとは、何かの拍子にメールアドレスが漏れたり、ランダムに送られてくるメールに返信してしまったり、変なURLを踏んだり、ちょっとア~ン♡なサイトを観ようとしてしまったがゆえに大量に送られてくる迷惑なメールのこと。

 

ちなみに僕はロー◯ンを名乗るメールから「ポンタから1000ptプレゼント!!」みたいなURLを踏んだところ迷惑メールが止まらなくなったことがあります。間抜けかよ。

 

さて、そんな迷惑メール、基本的には毒にも薬にもならない意味不明な文字列や、「1億円あげます」みたいな怪しすぎるものばかりなのだが、時々我々を唸らせるものもあるわけで。

 

タクヤ』を名乗る人からメールが届いたんです。


f:id:jirodaisukiojisan:20180830013532j:image

 なんだ、いつもの迷惑メールじゃないか。さっさとゴミ箱に移してやろう…って


f:id:jirodaisukiojisan:20180830013544j:image

 ん?


f:id:jirodaisukiojisan:20180830013631j:image

ちょ、待てよ。

 

最近は騒動も落ち着いてきたとはいえ、微妙に不謹慎なタイミングである。

どうやらジャニーズの木村拓哉を名乗る人物がニノ宛に†メ-ー-ル†を送ったというシチュエーションらしい。てかゆうパックの宛先間違えるってどうやるんだよ。明らかに意図的じゃねえか。

 

というかこんな迷惑メールに引っかかる人とかいるのだろうか?

もしいるとしたら自分のことをジャニーズだと思っている精神異常者以外の何物でもないと思うのだが…

 

あと、これからは僕のことは『アネ゙デパミ゙』ではなく、『二宮和也』と呼んでください。ファンレター待っています(精神異常者)。


f:id:jirodaisukiojisan:20180830013651j:image

こっちが困るわ。

 

なーにが「届いても困るわ(笑)」じゃ。

こちとらお前からの大量のメールですでに困っとるわ。


f:id:jirodaisukiojisan:20180830013714j:image

 

ちなみに、相葉雅紀の誕生日が12月24日大野智の誕生日が11月26日である(わざわざ調べた)。そしてこのメールを受け取ったのが8月25日。こいつらは一体何ヶ月前から誕生日の準備を始めているんだ。家一軒でも建てるつもりなんだろうか?

 
f:id:jirodaisukiojisan:20180830013701j:image

「後で気付いてももう遅い!」

いきなり残忍な敵キャラの様な口調になるキムタク。

というか勝手にゆうパックキャンセルするなよ…人としてどうなんだそれ。

今更だがメールの署名にいちいちツボる 


f:id:jirodaisukiojisan:20180830013830j:image

お好きにどうぞ。現実の友人からこういうメール来たら絶対にそう返しますね。 

 

そして最後のメールがこれである。


f:id:jirodaisukiojisan:20180830013902j:image

 違います。

 

 というか返信全くないのにメールを送り続けるとかメンタル強すぎだろ。

そりゃSMAPも(ry

これ以上敵を作らないようにここらへんにしておきます(手遅れ)

 

それではまた!!

 

ジャニーズファンの方すみません

【日記】お盆休みでした!!な日記

絶賛仕事中です(絶望)

 

毎日夏休みならいいのにな、アネ゙デパミ゙(@ane_depami)です。

 

学生さんの皆さんはまだまだ夏休みですね!!(くたばれ)

社会人の皆さんはいかがですか? 

 

皆さんぼくと同じように絶望しているんじゃないでしょうか?

f:id:jirodaisukiojisan:20180823140030p:plain

 

 そんな日は楽しい日々を思い出して、少しでも幸せな気持ちになりましょう。せっかくなので自分のお盆を振り返ります。

 

ちなみにこの行動を、心理学的には防衛機制現実逃避(げんじつとうひ〔 escapism〕)と呼びます。

 

【フグを食べに行きました】

 友人がコンクリートジャングルから帰省するということで久しぶりに大学の頃の同期と飲むことにしました。

ちなみにお店は名店づぼらや。大正9年創業の老舗です。「馬鹿でっかいフグの提灯の店」って言ったら通じると思います。


f:id:jirodaisukiojisan:20180815140113j:image

づぼらや』は新世界の中心地、通天閣の近くにあります。

最寄駅は動物園前駅なのですが、大量の観光客に加え、「どこの国の人かわからない浮浪者」や「常に何かにキレているおっさん」、一本細い路地に行くと「ちょっと怖いお兄ちゃん」とかがいるので、どっちが檻の中か外か分からないくらい混沌としています。正直自然界の方がまだ秩序が保たれてる。

 

集合までは天王寺で暇つぶしをしていたのですが、


f:id:jirodaisukiojisan:20180815140217j:image

 「無」を売っている店を見つけました。

これのお店なら「無」を取得してゴール口寄せバグができそうですね 

 

 さて、約束の時間になってコースを注文。料理が運ばれてきます。


f:id:jirodaisukiojisan:20180815140048j:image

Marvellous.

 

なにこれ。最後の晩餐?

 

 「てっちり」や「てっさ」といったフグ料理はみんなとても美味しかったです。美味しいものをよく「ほっぺたが落ちる」と表現しますが、そんなレベルでは無かったです。抉ってきます、ほっぺたを。

 

ちなみに、大阪ではフグのことを「てっぽう」と呼ぶんですが、なぜだか知っていますか?僕はこれを母から聞いたんですが、「当たったら死ぬから」らしいです。物騒かよ。

 

フグは本当に美味しかったのでまた食べに行きたいです。

 

【サイクリングへ行きました】 

僕は体を動かすのが大好きなのですが、ここ最近は仕事が忙しく中々運動が出来ていませんでした。まあ外回りだから歩くことは多いんですけど。趣味のテニスもここ最近大分ご無沙汰です。

f:id:jirodaisukiojisan:20180823151850p:plain

という訳でサイクリング行くぞオラァ!!

 

f:id:jirodaisukiojisan:20180815135847j:image

自転車はコチラ。エホバの証人の勧誘が使ってそうな一般的なタイプのクロスバイクです。買った当初、アパートの住人シールを貼り忘れて業者に持ってかれかけたりと苦楽を共にしてきた愛車です(ちゃんとシールは貼ろうネ☆)

 

この日は東大阪にあるニトリモールで用事があったためそこからスタート。目的地は海遊館がある天保山にします。

f:id:jirodaisukiojisan:20180823160709p:plain

17.5kmってお前。家まで帰ることを考えると往復30kmくらいです。

 

※ここからはダイジェストです

f:id:jirodaisukiojisan:20180823160946j:plain

難波にある生國魂神社。由緒正しい神社です。

雰囲気が心地いい

 

f:id:jirodaisukiojisan:20180823161005j:plain

大阪ドーム?京セラドーム?どっちだかよくわかんないや。

ちなみにここの近くには美味い二郎インスパイアの店がある

 

f:id:jirodaisukiojisan:20180823161023j:plain

めっちゃ端折りましたが目的地の天保山に到着です。

 

GoogleのCMで昔、「天保山の高さは?」ってやつありましたよね。

ちなみに天保山の高さは4.53 mです。 

 

 

f:id:jirodaisukiojisan:20180823161030j:plain

海遊館。中に一緒に入る彼女が欲しかった;;

 

f:id:jirodaisukiojisan:20180823161042j:plain

大阪湾。工業的ですがきれいですよね。やっぱ海好きだわ。

 

f:id:jirodaisukiojisan:20180823161050j:plain

六甲の山脈。心霊スポットらしい。

嫌な上司やクレーマーをここに取り残して怖がる様をYouTubeで発信して動画の広告収入で稼ぎたいですね。

 

f:id:jirodaisukiojisan:20180823161106j:plain

舞洲USJとかあるとこ。

 

f:id:jirodaisukiojisan:20180823161119j:plain

遊覧船とミズノ本社?でしたっけ。

 

f:id:jirodaisukiojisan:20180823161127j:plain

エイリアンの侵略基地ゴミ処理場です。

デザインが前衛的すぎるだろ。

 

f:id:jirodaisukiojisan:20180823161135j:plain

国道に軍手が落ちているんなら海にはゴム手袋が落ちてるんですね。

わざわざこれをデジカメで撮っている自分が悲しくなった。

 

いや~それにしても連休だけあって人多いな~!

きっと観覧車も混んでいて…って…


f:id:jirodaisukiojisan:20180815135904j:image

ん? 

 

f:id:jirodaisukiojisan:20180815135922j:image

出やがったなこの野郎。 

 

ここが今噂のレゴランドですか。

レゴランドにしては人が多kゲフンゲフン。

 

ネットでの叩かれようから、逆に行きたいと思った(物好き)

 

いい汗かけていいサイクリングでした。

途中でゲリラ豪雨にあってガン萎えしましたけど。

 

【ラーメンを食べに行きました】

後輩を連れて二郎系ラーメンを食べに行きました。

 

ぼく「行くぞ」

後輩「ウス」

 

大体こんな感じ。今回は以前も行った男塾に。

 

jirodaisukiojisan.hatenablog.com


f:id:jirodaisukiojisan:20180815135934j:image

相変わらずの優しめ二郎だったけど美味しかったっす 

酔いつぶれていた去年のお盆よりかは遥かに充実してたかな。

普段はあまりの疲れに寝て過ごすことが多いクソみてえな休日ですが、たまにはこんなのも悪くないのかもですね。

 

毎回は無理。体力的に。

 

それではまた!!

 

【おまけ】

休日が終わるときのぼく

【ラーメン】らーめん 作ノ作【都会に「咲く」一輪の花】

お盆に仏壇にお供えをするお花を買いにお花屋さんに行ったら、平常時の3倍の値段になっていて資本主義社会の闇を感じてしまった(挨拶)

 

こんにちは。そんな僕も資本主義の奴隷、アネ゙デパミ゙(@ane_depami)です。

 

こういうことは資本主義社会では当たり前のことなので、不満がある人は革命を起こしてください。

 

突然ですが、花って綺麗ですよね。

少なくともこのブログを見ている皆さんの心よりかは遥かに綺麗だと思います。

 

f:id:jirodaisukiojisan:20180814000242p:plain

画像は綺麗な花の絵です

 

喧嘩を売って早々なんですが、このブログを見てくださっている人から「お花みたいな可愛いラーメンがあるので食べてみて!!」とおススメを頂いたので、行きたいと思います。

 

【らーめん 作ノ作】

・場所

難波千日前通りのラウンドワンの並び。

ここら辺は観光客も多く、外人さんやらキャッチの人やらで毎日にぎわっています。

観光地としての"The 大阪"を感じたいならやっぱり難波周辺ですね。

 

f:id:jirodaisukiojisan:20180708175207j:image

ちなみに、もっと「アレ」な感じの大阪を味わいたい人は、そのまま難波から御堂筋線に乗って「動物園前駅」で降りてください。

檻の中と外、どっちが動物園かわかr

ããã以ä¸ãããªããã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

・メニュー

f:id:jirodaisukiojisan:20180813150429j:plain

食券制。ぼやけてますね。

メニューはメッチャ豊富ですが、今回僕のお目当ては「お花みたいな可愛いラーメン」。「可愛い」と言っている以上、丼はサンリオ製、麺やチャーシューといった食材の代わりに「ハローキティ」や「ぐでたま」が乗っていることでしょう(ぐでたまは大分食材よりな気もしますが)

 

んで、メニューの中のどれが「お花みたいな可愛いラーメン」なのかというと

 

f:id:jirodaisukiojisan:20180813150515j:plain

ガチなの来た。


ああ、花ってそういう。

ていうか「肉バカ」って書いてあるし。カワイイ物につけるあだ名ランキング700位くらいだぞ。ちなみに699位は「壊れたハンガー」です。

正直これを「可愛い」と表現する人とは根本的に価値観が合わないのでTwitterブロックしときます。今までありがとうございました。

 

まあ折角おススメされたんだし、男に二言は許されません。二言したらひどい目にあったことありますし(実話)

 

・着丼
f:id:jirodaisukiojisan:20180708175250j:image

あ、花だ。これ。

 

もしこのラーメンを極寒のシベリアに持っていったら現地の人は春が来たと勘違いするでしょうし、もし渋谷の女子高生にこのラーメンを見せたら「かわいい~w」と写真をインスタグラムに投稿しはじめ、そのあまりの可愛さにその投稿は軽くいいね1万は行くでしょう。

 

スープに浸っている物も含めて19枚のチャーシュー。多分麺よりもチャーシューの方が多かった。


f:id:jirodaisukiojisan:20180708175308j:image

チャーシューは肉質系。そのままでも充分美味しいですが、スープや卓上調味料と一緒に食べても美味しかったです。

 

さて、私はラーメンはまずスープから行く派なのですが、肝心のレンゲがない。流石に丼から直接飲むのは色々と大参事を起こしそうなので、店員さんにレンゲを頼もうととしたところ

 


f:id:jirodaisukiojisan:20180708175327j:image

あった。

 

チャーシューのせいで正面からは全く気が付かなかった。

よくよく画像を見直してみたら先っちょだけ出ていましたね。

 

スープは豚骨にしてはかなりライトな部類。ほのかに出汁を感じる優しい味。春の日差しの様なポカポカした安心感のあるスープです。

本場の豚骨を期待している人は物足りないかもしれませんが、これはこういう味ってことで。ぐいぐい行けるタイプなので私は結構好き。

 

麺も博多ラーメンほどの細麺ではないので、しっかりとこのスープと調和しています。

ビールよりかは酒の方が合いそうなラーメン。


f:id:jirodaisukiojisan:20180708175349j:image

途中、チャーシューをうっかり崩してしまって、運動会のウェーブみたいになってしまったりしましたが、豚骨にしてはあっさりの味に助けられて快調に食べ進めます。

 f:id:jirodaisukiojisan:20180814002045p:plain

〔参考〕運動会のウェーブ

 


f:id:jirodaisukiojisan:20180708175403j:image

辛味噌を溶かしてみると、今までの春の日差しの様なやわらかい味わいからギラギラ照り付ける真夏の日差しの様な鋭い味わいに。 

 

替え玉まで食べた。完食です。

優しい味わいと大量のチャーシュー、美味しいですが中々ボリューミーなので食べるときは注意してくださいね!

 

それではまた!!

 

【日記】お盆休みと近況報告

いっぱい食べる君が好き、でもお前は嫌い(挨拶)

 

生きてます。アネ゙デパミ゙(@ane_depami)です。

 

生存報告ついでに、前回更新から今回更新まで起きたことをざっとまとめます。

日記的な感じですが、是非見ていってくださいね。 

 

【白浜に遊びに行きました】

友人に誘われて、休日に和歌山県の白浜へ行きました。

前から行こう行こうと言っていたんですけど、色々あって(というかほぼ100%仕事のせい)中々行けなかったんですよね。

今回はそんなFOMJ(F◯ck Off My Job)を黙殺した片付けたので旅行を楽しもうと思います。

 

当日の集合は天王寺駅に8時頃。

前日はいつもの通り残業地獄天国だったので、死にそうになりながら気合で集合しました。っていうか一回死にました。

 

白浜へは『特急くろしお』で向かいます。

友人と近況報告したりしながら談笑していると、いつの間にか和歌山へ。

 

まず最初はここへ向かいました。

f:id:jirodaisukiojisan:20180812084917j:plain

とれとれ市場です(写真が遠い)

 

このとれとれ市場、市場というだけあって様々な新鮮な海鮮や、梅酒やみかんなどの和歌山の名物を取り扱っています。

ただ今回僕たちがここへ来たのは腹ごしらえをするため。

 

f:id:jirodaisukiojisan:20180812084948j:plain

そうと決まればフードコートで海鮮グルメ堪能と行きましょう。

このフードコート、和歌山の海鮮を使った美味しい海鮮丼や浜焼き、寿司などがいただけます。いつもの癖でラーメン頼みそうになりましたが、ここまで来てラーメンを食べては、とれとれ市場サイドの怒りを買い、あら汁の出汁にされかねないのでギリギリのところで踏みとどまりました。

 

f:id:jirodaisukiojisan:20180812084959j:plain

注文を終えましたが、もう少し何か頼みたかった僕たちは「なんか突然食いたくなった」という無計画極まる理由でたこ焼きをみんなでシェアすることにしました。てかたこ焼きなら大阪でも食えるだろ。

 

さーて、たこ焼き屋はどこにあるかな~

 

 

f:id:jirodaisukiojisan:20180812085007j:plain

Who are you....?

 

まさかのタコ一匹丸ごと。僕が知っているたこ焼きはもっと大きい奴をぶつ切りにしたもの。こんなちりめんじゃこのアタリみたいなものが入っているものは知りませんでした。こんなのあるんですね。

 

f:id:jirodaisukiojisan:20180812113521j:plain

ズームしたらスケキヨみたいになった。

味は美味しかったです。

 

f:id:jirodaisukiojisan:20180812114604j:plain

さてみんなの料理も揃いました。

都合の悪いことは忘れる主義なので覚えていませんでしたが、この人たちビール頼んでますね。

 

f:id:jirodaisukiojisan:20180812085026j:plain

僕が頼んだのはしらす丼です!!

 

さっきのちりめんじゃこは伏線です。嘘です。

一口頬張れば口の中から強い多幸感が全身を駆け抜け、非常に強い中毒性に襲われました。

そんな白い危ない奴を平らげ、ビールまで飲んだ僕たちはアドベンチャーワールドへ向かいました。

 

f:id:jirodaisukiojisan:20180812085043j:plain

目的は動物たちに癒されることと、パンダの結浜に会うことです。

※ここから暫くフリー素材ギャラリーになります 

 

f:id:jirodaisukiojisan:20180812085201j:plain

ゾウです。自分に水かけまくってた。この日は38度くらいだったのでしょうがないですね。

 

f:id:jirodaisukiojisan:20180812085223j:plain

デジカメのCMみたいなオウム

 

f:id:jirodaisukiojisan:20180812085234j:plain

カバさん。熱いのかぐったりしています。

ぺたーっとなっているのが可愛いですね。と思っていたんですが、

 

f:id:jirodaisukiojisan:20180812085245j:plain

カバ、怖すぎ。

 

噛むんすか。カバ噛むんすか。

てか噛まれたら「イテっ☆」とかで済まないですよね。砕かれますよね、腕。

 

f:id:jirodaisukiojisan:20180812085307j:plain

原宿系の鳥

 

さて、一通り動物も見ましたし、サファリバスにも乗ったし、写りの関係で写真が無くて申し訳ないですが、ペンギンやトラ、バッファローがいました。

ライオンを怖がっていた子供に「本当に怖いのは人間なんだよ~」と教えてあげたのもいい思い出です。

 

さて、いよいよお目当ての白黒の珍獣ジャイアントパンダ結浜です。

結浜のブースだけめちゃめちゃ人が多くて「他の動物に失礼だろ」と思いました。 

 

さてそんな大人気の結浜はどれほどの可愛さなんでしょうか。

 

f:id:jirodaisukiojisan:20180812085320j:plain

f:id:jirodaisukiojisan:20180812085339j:plain

Sexy.

 

何でしょう。カワイイを通り越してむしろセクシーでした。

このアイドル性、そりゃ人気でますわ。可愛すぎてグッズ買っちゃったもん。

 

あと、僕の後ろにいたおっさんが「本物の客寄せパンダや...」って呟いてて元も子もないと思いました。

 

さて、アドベンチャーワールドでアドベンチャーの限りを尽くした僕たちは今度は白浜海岸へ向かいます。

f:id:jirodaisukiojisan:20180812085353j:plain

透き通ってた

 

f:id:jirodaisukiojisan:20180812085400j:plain

人生

 

その後僕たちは和歌山ラーメンを食べ、高速バスで大阪まで帰ったのです。

 

1日だけでしたが、やっぱり旅行って良いですね。

また行きたいです!!

 

【食中毒になってました】

なんでしょう。前項との落差。

 

まあ体調不良でも社会人。そんなに長いこと休めません。

ストッパをサプリメントのように摂取し仕事に向かってました。

 

症状とかはしんどすぎてあんまり覚えていないので、気になる人はアニサキスを直接摂取してみてください。

まあ、絞り出してみましたがあんまり無いっすね。

仕事忙しかったし。

 

このお盆はゆっくりしましょう...

 

それではまた!!